コミドの小窓


「ベイブルース 25歳と364日」


棺の中の河もっちゃんがいよいよ荼毘にふされる時、
河もっちゃんのお母さんが、

「栄得ー。熱いけど我慢しいやー。
栄得ー。アンタは男の子やろー。
ちょっとの時間だけ辛抱しいやー。
栄得ー。栄得ーーー!」
と泣き叫んだ。

河もっちゃんは顔色一つ変えることなく、
潔く奥へ進んでいった。
でもたくさんの家族の愛と、
これまでの僕たちとの思い出は
決して燃え尽くされることはないと
僕は信じている。



by 高山トモヒロ


e0106153_1559143.jpg

[PR]
by viridiaaan | 2010-07-12 15:59 | スターの名言 | Comments(7)
Commented by コミド at 2010-07-12 16:14 x
笑いに全てを捧げ、血のにじむような努力を重ね続け、
将来を期待されながら、志半ばに夭折した芸人ベイブルース河本さんの魂の記録。
河本さんを失ってからの、相方・高山さんの
絶望と虚無と孤独との闘い、そして再生への道・・・。

この素晴らしい本の情報は、
マイミクむさし丸さんの日記で知りました。
ありがとうございます。

リアルタイムで2丁目劇場に通っていた世代だったので、
河本さんの死は本当にショックでした。
さあこれから、という時のあまりにも早すぎる死、
どんなに悔しかったやろ、無念やったやろ・・・と
部屋で泣き続けたのを思い出します。

河本さんという芸人さんがいたこと、
いつまでも絶対に忘れないでいようと思います。
Commented by むさし丸 at 2010-07-13 01:18 x
号泣しながら私もこの本読んで、胸がしめつけられるようでした。

あの頃の河本さんの印象は、ダントツにおもしろかったのに
いつも何かに怒ってて、イライラしてる印象があったから
この本読んで、全てが納得という感じでした。

あの人が亡くなったなんて、実は未だに!ピンとこない程ですけど
定期的に読み返して、精一杯生きることの大切さを忘れないでいたいです。


こちらこそ、コミドさんのブログを読んで、イイ本と出会えまくりです。
私の方こそ、めちゃくちゃ感謝しまくりです~。
(最近マネした本は、「陰日向に咲く」です。最高でした!!)
Commented by コミド at 2010-07-13 16:51 x
>むさし丸さん

二人の出会いや学生生活のヤンチャな描写は微笑ましく胸がキュンとなり、後半は、涙があふれて苦しくてたまりませんでした。そうですね、あの頃のベイブルースは、お兄さん格で若手を仕切ったり、着々と順調に歩み、河本さん高山さん、お二人ともファンにもすごく優しかった印象があるのですが、むさし丸さんがおっしゃるように河本さんは「いつもイライラ何かに怒ってる」という感じもありましたね。この本を読んで、それが「もっと先へ!もっと先へ進みたい!」と生き急ぐあせりだったのかなと思いました。ベイブルースは、ダウンタウンその「直後」の世代で、そのプレッシャーもすさまじかった気がします。初めて観たとき、こんな若手が登場した!とワクワクしたのを思い出します。
心の中に、今でもいつまでも「あの頃の2丁目劇場」があって、夢と希望と情熱であふれた彼らが、あの舞台で切磋琢磨してる気がしてならないです。心の一部で時が止まって、その部分がキラキラしてます。数年前、所用で大阪に出かけ、すっかり変貌した2丁目劇場跡地を眺めたときは、しばらく一人立ちつくし、涙があふれました。
Commented by コミド at 2010-07-13 16:58 x
>むさし丸さん(つづき)

この本が教えてくれる
「今を全力の情熱で真摯に生きる意志」「自分のやりたいことに精一杯愛をもって取り組む事」の大切さを改めて感じ、最近の自分はダメダメだなあ、もっと頑張らなければ・・と思います。

むさし丸さん!!
キャ~ありがたいお言葉を感謝感謝です!本当に嬉しいです。私も、いつもむさし丸さんの日記から、大切なヒントや情報をもらってます。楽しみにしてます☆
「陰日向に咲く」は最高ですよね!あまりにも原作が好きなので、映画は観てないんです~。
劇団ひとりのエッセイ「そのノブは心の扉」、DVD(特に1枚目)もめちゃ面白いです!
お笑いって、ほんまに素晴らしいお仕事ですよね・・。

むさし丸さん、これからもよろしくお願いしますね♪
Commented by むさし丸 at 2010-07-14 22:13 x
てへ、たびたびすみません。私ももうちょっとだけ書きたい~。

>ベイブルースは、ダウンタウンその「直後」の世代で、そのプレッシャーもすさまじかった気がします。

これ、めっちゃわかります!!
愛を持って、あの頃の2丁目ちゃんと見てきた人にしか言えない
コトバだと思います。

ダウンタウン後の、あの頃の吉本の若手の異常な熱気、しのぎあいって、すさまじかったですもんね。
最高の才能と若さと負けん気がうずまいてて、いい時代でした……。

で、その頃の人たちが見事に全員売れて、
毎日ゴールデンの中心メンバーとして見ない日はなくて、
これはこれで、日々この上ない幸せを感じてます。

ワチャチャ時代、サバンナ高橋と久馬さんがずっと大好きだった私は
「やっと高橋の時代が来たか……」と感無量です(笑)。

「そのノブは心の扉」、ありがとうございます!!
DVDも絶対見ます~~。

私、「本読むの遅い病」なので、なるべく厳選して読みたいので
いつも助かってるんですよ~~。
こちらこそ、これからもヨロシクお願いします!
Commented by コミド at 2011-01-30 16:58 x
>むさし丸さん

返事がこんなに遅くなってしまい、本当に本当にごめんなさい。
申し訳ないです。すみません。

ダウンタウンが東京に旅だった後の、あの頃の2丁目って、
ひとつの大きな時代が終わった、何もない焼け野原に
「我こそは!次の時代を!」という熱い志の猛者たちが群雄割拠して集っていた、新たなる戦場さながらのイメージがあります。
「才能と若さと負けん気」がぶつかりあい、ギラギラ火花が散ってエネルギーに満ち満ちてましたね。
芸人さんたちはお互いライバルとして高めあい、闘っていたのでしょうけど、その一方で、同じ志を持つ仲間たちで助け合い、励まし合い、友情を温め合っていた印象もあります。
お客として観ていた我々も青春まっただ中でしたが、
芸人さんたちもあの時にしか過ごせない、貴重な青春時代を過ごされたんでしょうね。
素晴らしい時間を共有できて、嬉しいです。
Commented by コミド at 2011-01-30 17:22 x
>むさし丸さん(つづき)

あの頃の皆さんが、見事に現在大活躍されてて、別に自分のお手柄でないのに、ちょっと誇らしいような、ワクワク感がありますね。
ずっとサバンナ好きなんですけど、あの頃は高橋氏の潜在能力、たいこもち能力がここまで素晴らしいとは気づいてませんでした!^^感服してます!
スミス夫人の頃のなだぎさんも、語彙力の豊富な独自のツッコミする人だなあと感心してましたが、マンガばりに人間離れした動き、身体能力の高さに驚かされ、気づいたのはここ数年です。
久馬さんも、シェイクダウンの頃からほんわかしたボケが素敵と思ってましたが、プラン9では、またたくさんの新たな引き出しを見せてくれてますね。
時が経つほど、ますます新たな魅力をみせてくれる彼ら、
これからも楽しみに応援していきます!

あ、お勧めの本といえば、もし未読でしたら、
ゲッツ板谷の「板谷バカ3代」、大好きな一冊です。
もう何人の友達に貸しまくり、配りまくったことか。
お暇なときにでも、ぜひ~。

むさし丸さん、いつも本当にありがとうございます!


<< 「流れる星は生きている」      「板尾日記5」、8月27日 >>

友よ、共に。
by viridiaaan
カテゴリ
メモ帳
古巣・ビリヂ庵は→コチラ

★「カテゴリ」で
 ジャンル別に編集。    
   
★アナタのみつけた
名言の投稿は →コチラ!!

★コミドへの感想、
 おしゃべりは →コチラ!!

★【クツヅレ】へ
行くには
コチラ!!!!
タン吉くんの名フレーズサイトです!

★私の師匠、bikkeさんの
サイトへ行くには
コチラ!!!!

最新のコメント
もう九年。 何年経って..
by コミド at 18:58
「いつかぼくもま..
by コミド at 11:33
初めて出逢ってお喋り..
by コミド at 12:22
>K 相手の気持ち..
by コミド at 12:01
>月桂樹 「い..
by コミド at 11:52
もうすぐ5歳になる娘。 ..
by K at 00:43
じゃりン子チエ風ディラン..
by 月桂樹 at 10:04
ディランの画像、追加..
by コミド at 18:14
>K どんどん衰弱..
by コミド at 17:17
病室のベッドにちょこんと..
by K at 17:00
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧